面接官が感じる電話対応について

なたも会社説明会の予約などで、企業に電話をすることがあると思います。

私も以前はよく学生からの電話をとっていたのですが、「電話だから」とちょっと電話を軽く見ている学生がいるようなので、ここで注意を促したいと思います。

電話というのは相手の顔が見えない分、声ひとつで相手がどういう態度で話をしてきているか、実はすぐに分かるんです。

仕事で電話を多くとるようになれば、誰もが分かるようになるのですが、「電話のかけ方」で、その人の仕事への姿勢が分かってしまうんです。

いくら面接の自己PRで、「私は相手の話をしっかり聞き・・」などとアピールしても電話1本でそれが本当かどうかすぐにバレます。

「たかが電話」なんて絶対に思わないでください。

そこで、電話についての必ず抑えて欲しい2つのポイントをお教えします。

まず「絶対に静かな場所で電話する」ということ。

携帯電話で電話をすることがよくあると思いますが、駅周辺や繁華街の中のようにざわついたところでは絶対にかけないでください。

「どこで電話をするか」であなたの"相手へのおもいやり"が分かります。そして「あせって早口にならない」ということが重要です。

特に学校名と自分の名前を早く言う人が多いのですが、その2つは会社がしっかりと聞き取りたいところですので、「他の部分よりも、ゆっくりハッキリ話す」ということを心がけてくださいね。

電話については、この2点必ず覚えておいてください。

当サイトでは公開できない面接のコツはこちらでご覧になれます。

この記事のタグ

サイト内関連記事

面接官から見た礼儀の重要性
今日は「よく"面接官の視点で考えろ"と言われるのですが、どうやったら面接官の視点が分かるのですか?」という質問にお答えします。 この質問はこれから就活を始めよう...
面接官から見た時間管理の重要性
今日は「社会人としての最低限の要素」である「時間管理」についてお話しますね。社会人として一番伸びる人材というのは、"時間"の使い方を常に意識できる人なんです。 ...
面接のHowto本について
今日は本屋で見つけた「面接本」の話をしたいと思います。 よく本屋で面接に関する本を見るのですがその時に見つけた本のタイトルが「採用をもらうための50のポイント」...
公務員試験の面接は公務員の傾向にあわせた対策
当たり前ですが就職活動で面接があるのは民間企業だけではありません。ここ数年さらに志望者が増えている公務員試験にも面接があります。 むしろ公務員試験では面接に占め...

▲このページのトップへ