某企業の人事を担当している作者が面接官の視点から「どうやったら採用されるのか?」を教えます。ほとんどの中小企業の採用は面接第一主義です。就活に挑むあなたの役に立てば幸いです。


まずはこれ!面接で不採用にならないための3つの対策

面接官として、まずあなたに覚えて欲しい事を3つにまとめました。

1.面接時の態度で差別化する

面接というと、すぐに自分が話す内容ばかりに気がいってしまう人が多いす。実はそれは非常にもったいないのです。複数の志望企業の採用を勝ち取る人たちというのはよく分かっているんですね。

面接とは人対人のコミュニケーションの場なので会話の印象に関わるあなたの“態度”がとても重要なんです。

「話し上手は聞き上手」というように、面接官の言葉をしっかりと聞いている受験者は、それだけで印象が断然違ってきます。

面接官の顔を見ながら、ゆっくり相づちを打ってみてください。返事ははっきり、大きく、「はい!」と言うだけで、簡単に好印象を作っていけるのです。たったこれだけで、他の受験者と差別化が図れるのですから実践しない手はありません。

2.結論を先に言う

面接ではとにかく自分の印象を上げるために受験者は誰でも一生懸命話をします。

しかし、何でも「ただ一生懸命にやれば良い」というものではありませんよね。まずは相手に自分の言いたいことをしっかりと「理解してもらうこと」が最初の前提なのです。

多く話したところで、「結局何が言いたいんだろう・・」という受験者はたくさんいます。面接官は受験者の話の前置きなんて聞きたくないのです。

前置きが長い受験者の話は、聞いていてイライラしてきます。そんな状態になったら、相手(受験者)の印象なんて良くなるはずがありませんよね?

ですから、まず「初めに結論を言う」ということを忘れないでください。

「自己PRをしてください」「志望動機は何ですか?」「今まで一番がんばったことはなんですか?」どんな質問でも、必ず最初に結論を言い切ってください。

「私は目標を作り継続していく力があります」「御社の実践第一主義の精神が、私自身の目標としていることと同じだったからです」「今までがんばったことは、初めて会う人には必ず自分から声を掛けることを心がけたことです」

最初に言い切ることで、面接官は内容を把握しやすくなり、あなたを理解しようという気になるのです。

最低でも、「最初に結論を言おうとした姿勢」は評価されます。ここはポイントが高いと思います。

3.必ず受験する企業を調査する

面接ではほとんどの受験者が「御社が第一志望です」というものです。それは、そう言わないと採用がもらいにくいからです。どんな企業だって自分の会社が第一志望でない受験者を採用したいとは思いません。

しかし、「御社が第一志望です」と言っておきながら、その会社のことをどれだけ知っているか尋ねると、全く調べていないことが判明するケースがよくあります。本当に自分が入りたい企業であれば、その企業をしっかり調べるはずなんです。

いつ設立されて、従業員は何人いて、売上げはどれくらいあるのか。そして、企業が掲げている「経営理念」などもしっかり調べるはずなんです。「その企業は好きだけど、そういうものには興味はない」という受験者には企業側も興味はありません。

企業側だって、本当にこの会社が好きでしっかり調べてくる受験者だったら、全力で教育してあげようと思うのです。

これから面接を受ける企業のホームページは隅々まで見てください。そして、その企業がどういう企業なのかイメージしてください。そのホームページを見た感想をしっかり言えるようにしてください。これを最低限やらなければ、採用などもらえるはずもないのです。


◆◆◆


どうですか?この3つ、あなたは大丈夫ですか?

ちょっと面倒だと思ったかもれませんが基本中の基本です。

  1. しっかり面接官の話を聞く
  2. 結論を先に言う
  3. 受験する企業のホームページを見る

たったこれだけのことですが、全てをしっかり出来ている受験者は驚くほど少ないものなんです。

ということは、この3つが出来ているだけで自然に他の受験者より頭1つリードできるわけです。

必ずこの3つを頭に叩き込んでおいてください。

さらに詳しい面接ノウハウ

当サイトよりもさらに具体的な面接の対策のノウハウをまとめたマニュアルがあります。従業員数名〜300人程度の規模までの中小企業を志望する人は必見。面接で落とされるリスクをかなり減らせるでしょう。

中小企業志望者向け / 面接マニュアルはこちら