就活の面接本は本当に効果があるのか?ポイントが多過ぎな本も…。

今日は本屋で見つけた「面接本」の話をしたいと思います。

よく本屋で面接に関する本を見るのですがその時に見つけた本のタイトルが「採用をもらうための50のポイント」でした。

一見すると、普通のタイトルかと思うかもしれませんが、私はこれを見て複雑な気持ちになりました。


「ポイントが50って・・・」


「この本は全然ポイントが絞れてません」と言っているようなものです。そもそも、50ものポイントなんて、読んでるそばから次々に忘れていきませんか?私は覚えていられません。

やっと読み終わる頃には、何が一番重要だったのかもよく分からない...。こんなことをしていても本当に面接が上達するはずがありませんよね。

私は自分が面接でとても苦労したので、同じような思いを他の受験者にしてほしくないと思っています。

私も面接ノウハウを作成していますが、お伝えするノウハウはポイントが4つです。

当然ですが、面接が上達するためのポイントは他にもたくさんあります。この4つで本当に全てを網羅している!なんて言う気もありません。

しかし、私が今まで面接官として経験してきた中で、

  • 採用をしっかり勝ち取っている人が共通にやっていること
  • 不採用者が共通していること

この2つを徹底的に調べ、そして「誰でも」「簡単に」「すぐ実行できる」レベルに落とし込んだものです。

要するに私が言いたのは、面接法と一口に言ってもそれは数限りなくあるということです。

それらを並べていったらそれこそ100個でも200個でも出てきます。それだけのものを全部覚えて実践しようと思っても無理です。時間の無駄です。

ですから、もしそういう本をあなたが持っているのであれば、その本の中から「これは大切だ」と思うものを3つだけ抜き出してください。

その3つを必ず面接で実行するのです。それ以外はバッサリ捨てる。ちょっと怖いかもしれませんが、あれもこれもやろうとしてすべて中途半端になるくらいなら3つだけでも集中して行った方が印象は全く違ってくるはずです。

すべてを実行するのではなく、

  • やることを絞る
  • それだけに集中する

今回お伝えしたかったことは以上です。

さらに詳しい面接ノウハウ

当サイトよりもさらに具体的な面接の対策のノウハウをまとめたマニュアルがあります。従業員数名〜300人程度の規模までの中小企業を志望する人は必見。面接で落とされるリスクをかなり減らせるでしょう。

中小企業志望者向け / 面接マニュアルはこちら